地球環境を保護をする

紙の製作過程では二酸化炭素で空気を汚してしまったり、また製造過程で大量の水を消費してしまいます。 しかし紙を作る方法は、木以外からもあるのです。 なんとそれは、石から紙を作る方法なのです。 石を使うことによって水を汚す心配もありません。 またストーンペーパーは使用後も再生可能であるため、何度もリサイクルをすることが可能であるのです。 ストーンペーパーに使用される石は炭酸カルシウムを要素とする石灰岩が使用されており、土にかえすことができるのです。 地球温暖化を回避してくれるあらたな新素材としてストーンペーパーは世界に注目されています。 ストーンペーパーの利用者がどんどん増えていけば、ストーンペーパーの価格も下がり、また多くの人々がその恩恵を受けることができるでしょう。

ストーンペーパーは水にぬれても破れる心配はありません。 また丈夫であるため、使用用途も広がります。 水に濡れないメモ帳や紙袋、ランチョンマット、カタログなどです。 メモ帳であれば1冊200円前後、紙袋であれば250円前後ぐらいです。 普通の紙に比べると製造技術がいるため、値段は少し高めですが、水に濡れないことや丈夫であるということを考えると、十分な価格に見合う付加価値はあることでしょう。 雨の日に使用する封筒や、紙袋、飲食店でのランチョンマットや食品を入れるランチボックスなど、アイデア次第でストーンペーパーを使用することができるのではないでしょうか。 印刷業者もストーンペーパーの商業性に着目をし、ストーンペーパーを使った印刷サービスを行っています。